2010年11月05日

武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新 (新潮新書)

武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新 (新潮新書)
磯田 道史 (著)



 この本が映画化されると聞いたときは
「ぜってー無理だ」
と思っていましたが、もう公開間近です。



 そもそも「武士の家計簿」なる本は、小説でもなんでもなく、学術書です。

 はじまりは、著者が神田の古書店で、30年近く書き込まれた武士の家計簿を発見し、それを調査したら、驚愕な新事実を発見したことにはじまります。私が、この本を読んだのが7年前でしたが、数ページ読んだだけで、ひっくりかえるくらい驚いた記憶があります。学校の歴史の授業は、嘘ばっかり教えていることは、よく知ってましたが、この本を読んだとき、日本史の根本が全く分かってなかったことに気がつかされ、しばらく茫然自失した記憶があります。

 例えば、金沢藩・猪山家(70石)の当主直之の小遣いは、年間にして銀19匁。しかし、家来の草履取りの給金は、銀83匁と月々50文の小遣い。それに年3回の御祝儀をもらい、外出するたびに15文の駄賃(チップ)をもらっていました。外出は、2日に1回くらいありましたから、そうとうの金額をもらっていたことになります。しかも衣食住は保障されていました。つまり、家来の草履取りの収入は、当主の10倍くらいあったわけです。

 よく「武士は食わねど高楊枝」と言いますが、これは本当のことだったのですね。家来は、草履取りといった卑屈な仕事をしていても、たくさん金をもらっていましたが、当主の小遣いは、草履取りの1割もない。当然のことながら、家来は、その家計の状態を知っていますから、武士たちが、どんなに威張ってても、草履取りは尊敬していたわけです。

 じゃあ、70石どりの武士の当主の小遣いが、どうして、それほどまでに少なかったかと言いますと、これにも訳がある。給料の大半を「身分費用」に使っていたのです。自分の家来に小遣いをわたしたし、来訪があれば、相手方の家来にも祝儀をわたしていました。つまり、来客があれば、じゃんじゃん金が無くなっていく。さらに辻番にも金品をわたしていた。

 じゃ、来客が無ければよいじゃないかと思うのですが、そうはいかない。武士の身分になると、さまざまな行事があり、そのつど親戚一同が集まるしきたりになっている。節分や、端午の節句や、袴入れの儀式、元服や、七五三など。そういう行事が毎日のようにあり、おおぜいの親戚が集まり、逆に親戚のところに出かける必要がある。これを怠るとどういうことになるかと言うと、武士でいられなくなる。具体的に言うと、武士教育がなりたたないのと、万が一、世継ぎが出来なかったばあい、家名が断絶するおそれがある。だから、親戚づきあいを非常に大切に
 したのですね。で、その費用が、莫大な金額になっています。で、草履取りなどの家来たちは、そういった行事があるたびに御祝儀をもらっていたから、武家社会の最大の利益者は、草履取りなどになった、農村の次男坊たちであったかもしれません。

 ここで著者は言います。

「江戸時代は、圧倒的な勝ち組を作らない社会であった。武士たちは、威張っていますが、家来草履取りの給料より少ない収入でいる。幕末の日本に百姓一揆が、大発生していますが、百姓たちは絶対に武士にとってかわって政権を奪おうとしなかった理由が、ここにあります」

 このへんを読んだときに
「なるほど!」
と大声をだし、嫁さんに訝しがられた記憶があります。

 これじゃ革命がおきようがない。
 日本社会に革命がなかったのは、まさにこれが原因だったかもしれません。
 驚くべきは、他にもあります。

 明治維新後、失業した武士たちの多くが銀行員となって成功してたことは、前々から知っていましたが、その理由も本書であきらかにされています。江戸時代の武士たちは、トレーダーであった事実が、彼らの家計簿でわかったからです。どういうことかと言いますと、彼らは、年貢を現物で支給されていなかったからです。

 猪山家の家禄は70石と切米50俵です。金沢藩の1俵は5斗なので、合計95石。このうち税収が42石。42石うち屋敷に運んだ米が8石。家来含めて8人家族だったので8石だけ、屋敷に運び、のこりの34石を銀に両替しています。この他に拝料金を8両もらっていました。つまり、金・銀で給料をもらっていたのですが、金銀では買い物が出来なかったのですね。銭に両替しなければならない。で、FXをやっていたわけです。あと、米の換金レートにも敏感に対応しなければ、損をするので、江戸時代の武士たちは、意外にことに、みんなトレーダーであったわけです。

 こういった事実を突き止めていくと、なぜ明治維新が成功したのか? なぜ明治政府が、武士たちの録をとりあげても不満が少なかったのかが、少しづつ見えてくるのです。そういう意味で、この本は歴史に興味ある人には、必読の書ですが、この本を、どのように映画化したのか? そのへんが気になります。

 なにか、著者の研究成果を、無茶苦茶にされてなければいいのですが。宣伝動画をみると、何か嫌な予感がします。映画に、へんないじくりがないことを祈ります。と同時に、原書を読む人が、もっと増えて欲しい。
posted by ss at 05:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

自助論・スマイルズのくれた贈物

自助論・スマイルズのくれた贈物

 自助論。この本は、イギリスが最も偉大だった時代に、多くのイギリスの人々の心を動かした本です。
「天は自ら助くる者を助く」
と、スマイルズは言いました。そして、スマイルズの言葉は続きます。

「外部からの援助は人間を弱します。自分で自分を助けようとする精神こそ、その人を奮い立たせるのです。よかれと思って援助の手をさしのべても、相手の自立心を失なわせることがあります。保護や抑制も度がすぎると、役に立たない無気力な人間をつくる事になるのです」

 このスマイルズの「自分で自分を助ける精神」という言葉が、「自助論」と言う言葉であり、「天は自ら助くる者を助く」と言う言葉なのです。では、スマイルズは、その著書「自助論」で、何を書いているかを、少々説明してみたいと思います。

「人は、いつの時代でも、幸福や繁栄は、自分の行動で得られるのではなく、制度の力で得られるものだと信じたがります。だから、『制度(法律)さえ変えれば、人間は進歩していく』などという過大評価が当たり前のようにまかりとおってきました。でも、どんなに素晴らしい制度も、怠け者を勤勉にする事はできません。浪費家を倹約家にする事もできません。酒飲みを酒嫌いにする事もできません」

 異論のある人もいるかと思いますが、大切なことは、当時のイギリス国民のほとんどが、この「自助論」に「なるほど!」と思ったことです。そして、そのイギリス国民が、産業革命や議会制民主主義を興し世界で最も栄えていったという事実なのです。

「政治とは、国民の考えや行動の繁栄にすぎません。どんなに高い理想をかかげても、国民がそれについていけなければ、政治は国民のレベルまで下げられるものです。逆に、どんなに酷い政治でも、国民が優秀であれば、いつしか政治は国民のレベルまで引上げられるものです。つまり国民全体が、その国の政治の質を決定するのです。これは、水が高い所から低い所へ流れる事と同じくらい、あたりまえのことなのです」

「われわれ一人一人が勤勉に働き、活力と正直な心を失わない限り、社会は進歩します。逆に怠惰とエゴイズム、悪徳が国民にはびこれば社会は荒廃します。いくら法律(制度)の力を借りたとしても、社会悪を根絶する事はできません。しかし、国民が自発的に自分を高めていけるように援助し、励まし合っていけば、悪やエゴイズムを葬り去る事は不可能ではないのです」

 「自助論」の中の一説です。この考えは、当時のイギリス国民に大いに受入れられました。何故イギリスで、世界で最初に議会制民主主義が発達したかわかると言うものです。さらにスマイルズは、その「自助論」で、こう述べています。

「すべては人間が自らを、どう支配するかにかかっています。それに比べれば、その人が外部に、どう支配されるかと言う問題は、さほど重要ではありません。例えば暴君に統治された国民は、確かに不幸です。しかし、自分自身に対する無知やエゴイズムや悪徳のとりこになった人間の方が、はるかに奴隷に近いのです」

 スマイルズの考えの根底は、人間の内面を重視している所です。「社会が悪い」とか「政府が悪い」と言うのではなく、いかに自分の成長に努力を傾けるかと言うことを重視しています。
 人が人である限り、必ずと言っていいほど外部に支配されます。政府に支配されます。宗教にも支配されることがあります。会社にも、慣習にも、先輩にも支配される事があるでしょう。それに不満を持つ人は多いことと思います。けれど、自分の内部に不満を持つ人は多くないような気がします。

 スマイルズは、自分の内部が、無知やエゴイズムや悪徳に支配されることの方が、問題だと言っているのです。社会を批判し、社会の変革を求めるよりも、自分の心の変革を求めることが重大だと言ってるのです。素晴らしい『心』を持つことが大切だと言ってるのです。そして、その素晴らしい『心』は国の政治体制をも変えうると言っているのです。 吉田松陰は、牢獄にいながら人の『心』を動かし、日本の歴史を変えていった人です。こういう人が存在していることを思うと、私はスマイルズの言ってることが、あながち間違いでないような気がします。

 「自助論」は、当時のイギリスで圧倒的多数のイギリス人の支持を得てベストセラーとなりました。もちろん他の国でもベストセラーとなったわけですが、どこの国でもベストセラーになったわけではありません。「自助論」が、多くの人々に支持された国は、世界史を変えてしまうほどの偉大な歴史を持った国だけでした。

 明治四年、「自助論」は中村正直によって「西国立志編」として翻訳されました。この本は、当時の日本で、なんと百万部以上も売れたと言われています。本が、とても貴重だった当時のことでしたから、実質的に「西国立志編」は、五百万人以上の人々が読んだといっても、さしつかえないでしょう。当時の人口を考えてみれば、文字の読める成人男子のほとんどが、この「西国立志編(自助論)」を読んだことになります。現代の感覚で言えば、数千万部のベストセラーと言っていいでしょう。

 歴史の教科書には、「西国立志編(自助論)」のことは何も書かれていませんが、この事実を無視しては、『生きた歴史』は語れません。
 まだ、日本人のほとんどが、ちょんまげでいた時代に、西洋の侵略に、幕末の戦乱に国民が疲弊していた時代に、

「天は自ら助くる者を助く」

と言うスマイルズの言葉に、明治の青年たちは、大いに奮起しました。そして、その奮起は、奇跡の成長を明治時代につくりあげました。たかだか三十年ちょっとの間に、ヨーロッパ並みの国力を作り、当時、世界最強の陸軍国であったロシアを破り、さらには世界のリーダーとして国際舞台で活躍するまでになりました。

 当時の日本とヨーロッパの格差は、文化的にも、経済的にも、軍事的にも、そうとうの開きがありました。その絶望的な開きを、明治の人たちが、ものともしなかったのは、「西国立志編(自助論)」のためといってもいいでしょう。「西国立志編(自助論)」を読んだ明治の人たちは、日本が西洋に遅れている理由は、人種や、社会体制によるものではなく、個人の自助努力が足りないからだと考えたからです。自分が貧乏なのも、自分が人より劣っているのも、自分が不運なのも、全て自分の自助努力が足りなかったと考えたからです。

 なぜ、日本だけが植民地にならなかったのか? なぜ日本だけが短期間にヨーロッパに追い付いたのか? なぜ、日本が戦後の奇跡の復興を成し遂げたのか? その謎は、「自助論」を圧倒的に支持する精神が、日本人の心の中に存在したからと言ってもいいでしょう。

 しかし、今の若い人たちで、この「自助論」を知っている人は、まれです。歴史の教科書にも載っていません。歴史の教科書には、年号とか、人名とか、作品名とかしか載っていないのです。かって明治の人たちの心を動かした「自助論」は忘れ去られようとしているのです。

 実は、「自助論」は、イギリスでは、とうの昔に忘れ去られてしまいました。何十年も前から忘れ去られたままになってしまいました。しかも、イギリスでは「自助論」を語ることが悪徳とさえ思われるようになりました。その理由は、イギリスで社会主義勢力が台頭してきたからでした。

 「自助論」の「天は自ら助くる者を助く」とか「すべては人間が自らを、どう支配するかにかかっています。それに比べれば、その人が外部に、どう支配されるかと言う問題は、さほど重要ではありません。例えば暴君に統治された国民は、確かに不幸です。しかし、自分自身に対する無知やエゴイズムや悪徳のとりこになった人間の方が、はるかに奴隷に近いのです」と言う言葉は、制度(法律)や社会体制の改革を目的とした社会主義者にとっては、非常に都合の悪い言葉でした。

 だから、イギリスで社会主義が台頭したとき、「自助論」が葬り去られたわけです。イギリスの人々は、自分をどう支配するかと言う問題よりも、国家にどう支配されるかと言う問題の方に、関心を持つようになりました。御父さんの幸せを考えるよりも、老人ホーム増設を政府に要求する方に関心を持つようになりました。努力して幸せを掴むより、労働運動の方に関心を持つようになりました。そして、大英帝国は、少しずつ崩壊していったのです。

 マルクスをはじめとする社会主義者たちは、人々の幸せは、富(物質)であると思い込んでいました。だから、法律を変え、制度を変え、富を再配分すれば、人民は幸せになると信じ込んでいました。だから武力にたよってでも社会改革に熱中したわけです(しかし、その社会主義は、ソ連の崩壊と共に勢いを失いつつあります)。

 ところがスマイルズは、そういう外からの支配(社会体制)の改革だけでは、人は幸せになれないと言いました。人が幸せになるためには富(物質)よりも、個人の心の中が問題だと言ったのです。外からの支配より、内なる支配(自分自身の支配)が問題だと言ったのです。そして、明治の日本人たちは、マルクスにではなく、スマイルズの方に感銘したのです。

 かっての社会主義者たちのように、私たちも、富(物質)や外からの支配を変えることで、幸せになれると思ってる人たちは多くないでしょうか? 両親の幸せを考えることより、老人ホームの建設を願う人は多くないでしょうか? 障害者の心の支えになるよりも、障害者施設の充実を考えている人は多くないでしょうか? 確かに障害者施設が充実すれば、障害者の物質的側面は満たされるでしょうが、その施設からは、星野富弘さんの、あの素晴らしい絵や詩が生れてくることはありません。星野富弘さんの、あの美しい絵は、立派な障害者施設から生れてくるものではありません。施設に、社会体制に、美しい詩を作る力はないのです。あの美しい詩は、人の『心』の中でしか作ることができないのです。

 スマイルズは、素晴らしい贈物を私たちに残してくれています。これを受け取らない手はありません。中に書かれてある文は、ごく常識的なものです。昔、小さかった頃、御父さんや御母さんや先生などに教えてもらった、あたりまえのことが書かれてあるのです。でも、このあたりまえの事が、大人になると忘れかけてしまうのです。だから、そのあたりまえのことを思い出してみたいですね。
posted by ss at 20:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。